菜の花皮膚科クリニック

菜の花クリニック千厩はこちら菜の花クリニック千厩はこちら
お悩みから治療を探す

アザ・タトゥー

当クリニックで治療可能なアザの種類

太田毋斑

日本人を含む東洋人に多く発生する太田毋斑。通常は顔の片側、目の周り、頬、こめかみなどに現れる、青色~茶褐色のアザをいいます。出生時や幼少時に発症することもありますが、一般的には思春期を境に発症し、症状が進行します。自然に消えることは期待できません。

治療方法

異所性蒙古斑

出生時、赤ちゃんのお尻にみられるアザのことを蒙古斑といいます。
四肢、顔面、体幹にできるものは異所性蒙古斑といわれ、大人になっても消えないことがあります。色調の濃いものは残る可能性が高いと考えられ、小児の時期から治療を始めることがお勧めです。

遅発性両側性太田毋斑様色素沈着(ADM)

あまりなじみのない名前ですが、ご自分でずっとシミだと思っていた色素斑が、このADMであることがよくあります。多くは成人してから現れ、両側に対称的に出現する灰色~褐色の色素斑です。シミに対する治療ではよくはなりません。

治療方法

扁平母斑

手のひら、足の裏以外の全身どの部位にも発生する、平らな茶色いアザです。ほとんど生まれつきに存在しますが、思春期になって発生する場合もあります。

治療方法

タトゥー

ファッション感覚の軽い気持ちで入れたタトゥー。いざとなったらレーザーで簡単に消せると思っている方も少なくないと思います。しかし現実にはそう簡単なことではありません。数カ月に一度レーザーを照射して、5~10回の治療が必要になってきます。終了するまでに1年~数年かかります。そのため、治療費が高額になる場合があります。また色の濃いもの、カラフルなタトゥーはきれいに取ることはできません。

治療方法

Q&A

アザ・タトゥー

a

赤ちゃんの頃から身体にアザがあります。取りたいのですが、何か良い治療はありますか?

アザはいろいろな種類があり、レーザーが無効なものも著効するものもあります。一度診させていただき、どの種類のアザかを確認して治療方法を相談していきましょう。
a

レーザーでタトゥーを除去する場合、何回くらいかかりますか?

その方その方のタトゥーにもより異なりますが、5~6回の照射が平均的です。プロの方に彫ってもらった濃いタトゥーだと10回程かかるかもしれません。
a

アートメイクのアイラインはレーザーで除去できますか?

できます。ただまつげの際はレーザーを照射するとまつげが生えてこない可能性があります。
a

レーザーによる副作用の心配はありませんか?

レーザー照射部分を日焼けしてしまいますとやけどを起こしたり、炎症後色素沈着、色素脱失、水泡形成などの可能性がございます。
a

レーザー照射後、注意することはありますか?

レーザー照射部分は一度かさぶたになり、10日間程ではがれます。かさぶたがはがれるまでは軟膏を塗布し絆創膏を貼るというケアを行っていただきます。かさぶたが長くついている程きれいになりますので、無理に引っ掻いたりはがしたりしないよう注意してください。タトゥーの場合、1回の照射で除去することはできません。5~6回の照射が必要になります。日焼けをしてしまいますと照射できませんので、治療期間中は日焼けをしないように注意していただきます。
a

どんな色のタトゥーも除去できますか?

当院では黒いものに反応するレーザーで照射しますので、墨汁色のタトゥーはほとんど除去可能ですが、他の色のタトゥーは除去することができません。

Load More

Category

ワイエスラボ
当クリニック美容皮膚科医の書籍 ご購入は書店またはこちらから
お肌磨き研究所 powered by 本当の無添加化粧品ワイエスラボ
菜の花皮膚科クリニック Facebook
ワイエスラボFacebook

ワイエスラボ、菜の花皮膚科クリニックのfacebookアカウントでは疾患に関するお悩みなどは受け付けておりません。

TOP